東成区中本、地下鉄中央線・今里筋線「緑橋」駅下車(3番出口)南へ徒歩すぐの森ノ宮医療学園附属「みどりの風鍼灸院」です。

鍼灸対応疾患

鍼灸対応疾患

腰痛

・腰痛に悩んでいる人は比較的多く、腰痛を訴えて当鍼灸院に来られる患者様は非常に多くおられます。
腰痛の原因にもいろいろありますが、大きく分けて「急性腰痛」と「慢性腰痛」の2つに分けることが出来ます。

「急性腰痛」は、動けなくなるほどの強烈な痛みが現れたり、突然強い腰の痛みに襲われます。多くは、重いものを持ち上げようとした時や、くしゃみをした瞬間など急な動作をした時に「グキッ」として腰に激痛が現れる、いわゆる「ぎっくり腰」がこれにあたります。症状名は「急性腰痛症」といわれています。

「慢性腰痛」は、3ヶ月以上続いている腰痛を指します。原因や症状もさまざまで、痛みの程度も個人差があるのが特徴です。痛みは腰部のみならず、お尻や足の方にも痛みや痺れが現れることもあります。主な病名は、筋筋膜性腰痛、坐骨神経痛、椎間板症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症、変形性腰椎症、骨粗しょう症などがあります。

当鍼灸院では、何が原因で腰や下肢に痛みが現れているのかを、しっかり診た上でその患者様に最も効果のある経穴(ツボ)にはり・きゅうを行います。
鍼灸治療は、腰痛に対し効果の期待できる治療法です。腰痛でお悩みの方はご相談ください。

肩こり

・「肩こり」は、頚・肩・肩甲間部・背中・胸などに対して、日常生活での身体の動きによる筋肉疲労が原因となって起こることが多いです。
特に、筋肉疲労が原因となって起こる「肩こり」に対しては、鍼で筋肉への血流を改善させて筋緊張をやわらげ、お灸で身体を温めてリラックスさせることで、ほとんどの「肩こり」は軽減します。

その他の肩こりの原因として、

  • ①精神的なストレス、例えば人間関係の悩み、不安などが原因による肩こり。
  • ②頚椎や胸椎、肩関節周囲の問題が原因で起こる肩こり。
  • ③眼精疲労、頭痛、顎関節炎、耳鳴り、難聴などの頭部や顔面の諸器官の問題が原因で起こる肩こり。
  • ④喘息、心疾患、胸部疾患などの胸部内臓器の問題が原因で起こる肩こり。
  • ⑤その他に消化器疾患や婦人科疾患などが原因で起こる肩こりがあります。

明らかな原因疾患があれば、先ずは専門医療機関での治療が必要です。

鍼灸治療は専門医療機関と併用して行うこともできます。まずは、「肩こり」でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

ひざ痛

・「ひざの痛み」と言っても原因となる疾患は数多くあります。スポーツ障害が原因で起こるひざ痛、関節リウマチや痛風などの炎症が原因で起こるひざ痛、加齢による変形性ひざ関節症などといった疾患が挙げられます。

 鍼灸治療を行う上では、まず「ひざの痛み」が鍼灸で適応できるかどうかを詳しい問診や適切な所見(視診、触診、理学的な徒手検査など)を通して判断します。

「ひざの痛み」は、ひざ関節周囲の血管を緊張させて血液循環の不全を引き起こし、痛みの悪循環を作り出します。さらに、ひざ関節周囲の筋肉の緊張を高めて、ひざ関節の運動機能にも影響をおよぼします。鍼灸治療では、筋肉の血流を改善させて筋緊張をやわらげて「ひざ関節の痛み」を消失または軽減することを目的とします。

 鍼灸治療では難しいと判断した場合は、専門医(整形外科)での診察と治療が必要となります。
まずは、「ひざ痛」でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

五十肩

・「五十肩」は、40歳から60歳代の加齢に伴い肩の関節、筋肉や肩周辺組織が固くなったり縮むなどの変化が起こることで炎症や痛みを引き起こすと考えられています。医学的には「肩関節周囲炎」という疾患です。
明らかな原因・誘因がなく、徐々に発症します。例えば、朝、髪の毛を整えたり、シャツを着たり、脱いだりする動作時に痛くて肩が挙げられない。また、肩周辺に突然強い痛みを感じるといった症状があったら、「五十肩」発症のサインかもしれません。

「五十肩」なのか「肩こり」なのか?

  • ①両腕を頭の後ろに回す
  • ②両腕を腰に回す
  • ③両腕を前から、耳の後ろまでまっすぐ挙げる
  • ④手のひらを上に向け、両腕を真横から真上に挙げる

①~④の動作を行ったときに、肩関節周囲に痛みを感じて、スムーズに腕を動かすことが出来ない場合は「五十肩」が疑われます。
「五十肩」は、なんの前触れもなく強い痛みが発症する「急性期」から始まり、鈍い痛み「慢性期」に変わり、肩関節の高度な運動が制限される「拘縮期」と移行していきます。

鍼灸治療では、肩関節の周囲の筋肉の血流を改善させて筋緊張をやわらげて、“痛みの軽減と運動制限の改善”を目的とします。

「単なる五十肩だ」と思っていたら、別の病気(類似疾患:肩峰下滑液包炎、石灰沈着性腱板炎など)からくるケースもあります。放置すると痛みがひどくなることもあります。
鍼灸治療では難しいと判断した場合は、専門医(整形外科)での診察と治療が必要となります。
先ず、「肩の痛み」がある場合は軽視せず、是非一度ご相談ください。

アトピー性皮膚炎

・アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹を特徴とする病気です。
湿疹の特徴は、皮膚に赤みがあるものや、水泡や湿り気のあるジクジクしたもの、乾燥してカサカサなものなどがあり、アレルギーが起きやすい体質の人に多くみられます。発症する年齢層も、新生児から成人までと幅広く、有病率もこの数十年で5倍近く増加している病気です。

原因は様々ですが、皮膚のバリア機能が低下したため特異的な刺激に対する反応が過敏となり、皮膚に炎症が起こりやすくなっていると考えます。
また抗原であるアレルゲンの侵入(食物抗原として、卵・乳製品・小麦・肉類など、環境抗原として、ハウスダスト・ダニ・カビ・花粉・動物の毛など)やストレスなどの多様な環境的要因が重なって起こると考えられています。原因や症状には個人差があり、症状を悪化させる要因も人それぞれ異なるのがこの病気の特徴です。

アトピー性皮膚炎の定義では「悪くなったり、良くなったりをくり返す、痒みのある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」とされています。
(アトピー素因とは:アレルギーを起こしやすい体質が家族や自分が持っていれば、アトピー素因があるといいます。)

当鍼灸院では、鍼灸治療で身体を整え、食事や生活環境を整えることで十分コントロールでき、アレルギー症状の緩和が期待できる病気と考えています。
皮膚科など病院に通院されている方も、鍼灸治療と併用をすることも出来ますのでご相談下さい。

むくみ・冷え症

・むくみとは?

 皮下組織(細胞と細胞の間)に水分が過剰に増加した状態を言います。
朝起きて鏡を見ると顔が腫れぼったい、夕方になると下肢がむくんで靴が窮屈になる、急に体重が増えたなどの症状が現れます。
東洋医学では「水腫(すいしゅ)」と呼びます。

原因とメカニズム

 体重の約60%は水、すなわち体液です。
むくみは血液の循環と深く関わってきます。
全身の血液循環は心臓のポンプ機能が主に行っています。私たちの体内に流れる血液は、動脈を通って水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。それと同時に、細胞内で不要となった水分が静脈やリンパ管に戻り体外に排泄されます。しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、排泄されるべき水分が溜まってしまっている状態を「むくみ」といいます。

浮腫(むくみ)の種類をいくつかご紹介します。

全身性浮腫
心原性浮腫・腎性浮腫・肝性浮腫・内分泌性浮腫・妊娠など
局所性浮腫
長時間の座りっぱなし、立ちっぱなし・塩分の取りすぎ・血行不良(一過性浮腫)・運動不足・冷え性・睡眠不足・静脈性浮腫など
圧痕性浮腫
低アルブミン血症・腎不全・心不全など
非圧痕性浮腫
甲状腺機能低下症・血管神経性浮腫(クインケ浮腫)

・冷え症

冷え症もむくみと関係が深い症状です。
例えば、運動不足などによる血行不良が原因で起こる冷え症では、
足の筋肉は収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。運動不足によって足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下し、足に水分が溜まりやすくなってしまいます。
さらに、余分な水分が足に溜まると冷え性となり、血行不良を伴うむくみが起こります。

このように、むくみや冷え症にはいろいろな種類や原因があります。当鍼灸院では、問診や体表観察などで原因をしっかりと見極め、患者様に最も適した鍼灸治療を行い、症状を改善していく手助けをいたします。

小児疳虫(かんむし)・夜泣き

・はじめて聞く方もおられると思いますが、小さい子供が夜泣きをしたり、キゲンが悪くすぐ癇癪(かんしゃく)を起こしたりすることを、鍼灸では「疳虫(かんむし・かんのむし)」と呼んでいます。
かんむしの歴史は意外と長く、江戸時代より行われてきた治療法です。
「疳の強い子だ。」とか「眉間に青スジがたっている、疳がきついね。」などお聞きになったことはないでしょうか?
とくに関西圏では、かんむしの鍼灸治療は活発で、生活の中にも深く根ざしています。

かんむしや夜泣きは、生後5ヶ月頃から起こりやすく、2歳頃に始まるイヤイヤ期・お母さんが二人目を妊娠、出産した・幼稚園の入園前・小学校の入学前などにもよく発症する傾向にあります。
つまり、子供の精神的な状態が深く関わっています。
現代医学では「小児神経症」の症状に似ています。

症状は、夜泣き以外にも落ち着きがない・機嫌が悪い・かんしゃく起こす・言うことを聞かない・チック・身体をのけぞらせて泣く・頭を床や壁に打ちつける・髪の毛が逆立っているなどさまざまです。

小児への鍼灸治療では、鍼を子供の身体に刺したり、負担になるようなことは行わないため、衛生的であり、安心して治療を受けていただけます。治療に使う道具は「小児はり」という皮膚にあてるだけの特殊な鍼を使用し、ツボに刺激をあたえ、身体の調子を整えていくことを目的とします。

子供の夜泣きが続くと、ママやパパも寝不足となりストレスが溜まります。すると子供もそれを敏感に感じとり、さらに夜泣きやかんしゃくがひどく現れる。という様な悪循環を防ぐためにも、鍼灸治療で子供の健康を維持していきましょう。

便秘・下痢

・便秘とは、「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされていますが、「正常な排泄」には個人差があり、何をもって便秘と定義づけられるのかは難しいところがあります。しかし、排便回数が少なく便意が無い、便が硬くて排便が苦痛、残便感があって排便後スッキリしない、薬を飲まないと便が出ないなどの不快症状や苦痛を感じるようであれば「便秘」となります。

便秘は大きく「機能性便秘」と「器質性便秘」に分けることが出来ます。

機能性便秘
大腸などの消化器官の機能低下が原因で便秘が起こるものを指します。 一般的に「便秘」といった場合は、機能性便秘のことを指す場合がほとんどです。
器質性便秘
胃や小腸、大腸、肛門などに疾患(腸閉塞、腸捻転、大腸ガンなど)があるのも、また腸の長さや大きさに異常があることが原因で便秘が起こるものを指します。
東洋医学では、便秘のことを「大便秘結(だいべんひけつ)」といいます。

・下痢とは、主に腸の働きが異常な状態になった時におこり、便の水分量が増して泥状~水様になった状態をいいます。多くの場合は、排便の回数も増えてきます。

下痢には大きく「急性下痢」と「慢性下痢」に分けることが出来ます。

急性下痢
突然発症する下痢で、感染性腸炎や薬剤が原因で起こることが多いです。
細菌やウイルスなどの感染、風邪を引いた時、身体を冷やした、暴飲暴食、疲労、アレルギー、乳糖不耐症、抗生物質などによって起こります。
慢性下痢
1か月以上持続する下痢で、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎)など、腸管外の器質的疾患が原因で起こります。
東洋医学では、下痢のことを「泄瀉(せっしゃ)」といいます。

便秘や下痢は、日常生活に大きな影響を与える疾患です。
何が原因で起こった症状なのかをしっかりと判断し、適切な鍼灸治療を受けて、生活習慣や食生活に気を付けることにより、症状を改善することが出来ますので一度ご相談下さい。

花粉症

・花粉症の症状は、「くしゃみ」、「鼻水」、「鼻詰まり」、「目のかゆみ」とされています。(花粉症の4大症状)
花粉症は、原因となる花粉の飛ぶ季節だけ症状がおこるため「季節性アレルギー症状」と呼ばれています。(スギ、ヒノキ、カヤガモ、ブタクサなど約60種類が花粉症を引き起こされると報告されています)
その他の症状として「喉のかゆみ」、「皮膚のかゆみ」などの症状が現れることがあります。最近では、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中「くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみ」などに悩まされるという人も少なくありません。

症状が増悪すると鼻の中で炎症が起こって粘膜の機能が低下して、鼻詰まりによって匂いが分からなくなったり、口呼吸をするため喉がイガイガしたり、咳や痰が出るなどが現れることもあります。
 仕事などで長時間連続してパソコン作業を行うと目の疲れが蓄積して花粉症による「目のかゆみ」だけではなくて、「目の異物感」や「流涙(なみだ目)」などの症状が出ることもあります。
 当鍼灸院では、「鼻づまり」や「目のかゆみ」などに効くツボを使って症状の軽減や、花粉症の二次症状で発症する「睡眠不足、集中力欠如、イライラ感、肩こり」などの症状に対する鍼灸治療を行い、症状を改善していく手助けをいたします。

花粉症の症状の出方や重症度は、人によって異なります。症状が強い場合は、専門医(耳鼻咽喉科・眼科)での診察や治療をおすすめします。

専門医療機関に通院されている方も、鍼灸治療と併用をすることも出来ますのでご相談下さい。

月経異常

・月経異常は大きく5つに分ける事が出来ます。

  • ①月経周期の異常(無月経、頻発月経、希発月経、不正周期)
  • ②月経血量の異常(過少月経、過多月経)
  • ③月経日数の異常(過短月経、過長月経)
  • ④月経発来時期の異常(早発月経、遅発月経)
  • ⑤月経随伴症状(月経前症候群、月経困難症)

原因としては、症状が人それぞれ違うように、原因も人それぞれ違います。

専門医(婦人科)を受診しても悪いところが発見されない場合、過度なストレスや生活リズムの乱れなど、女性ホルモンのバランスが崩れることによる月経異常の症状かもしれません。

鍼灸治療では、血流を改善させて身体の緊張をやわらげて、心と身体をリラックスさせる効果があるため、月経異常の色々な症状を改善していく手助けをいたします。

自律神経失調症

・「自律神経系」は、交感神経と副交感神経の2種類があります。例えば、交感神経の働きが促進すると末梢血管が縮小して血圧が上昇します。これに対して副交感神経の活動が高まると末梢血管は拡張して血圧は低下します。一方がある機能を抑制すれば、他方はそれを促進する方向に働きます。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスをとりながら作用しています。
「自律神経失調症」は、自律神経系の2つの神経のバランスが崩れることによって、様々な症状があらわれる症候群ともいえます。

症状としては、慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、頻尿、残尿感など。精神的な症状としては、イライラ、不安感、やる気が出ない、ゆううつになるなど症状は色々あります。
内科、耳鼻咽喉科、循環器科、消化器科などの専門医を受診しても悪いところが発見されない場合、自律神経系のバランスが崩れることによる「自律神経失調症」の症状かもしれません。
原因としては、症状が人それぞれ違うように、原因も人それぞれ違います。自律神経のバランスが崩れるのには、過度なストレスや生活リズムの乱れなど色々な原因が複雑に絡みあっている場合が多いといわれています。

鍼灸治療では、血流を改善させて身体の緊張をやわらげて、心と身体をリラックスさせる効果があるため、自律神経系の歪みからの色々な症状の改善が期待できます。

鍼灸治療では難しいと判断した場合は、専門医(心療内科)での診察と治療が必要となります。
先ず、「自律神経失調症の症状」がある場合は軽視せず、是非一度ご相談ください。

関節リウマチ

・「関節リウマチ」は、関節滑膜と腱滑膜の両者が炎症を起こして軟骨・骨や腱が破壊されて軽快と増悪を繰り返しつつ長期間持続して、放っておくと関節や腱が変形してしまい関節の機能が障害される病気です。
腫れや強い痛みを伴い、関節を動かさなくても痛みます。 手や足の関節で起こりやすく、左右同時の関節に症状が生じやすいことも特徴です。
その他にも発熱、疲れやすい、食欲がないなどの全身症状が生じ、さらに、肺線維症や血管炎など関節以外の症状や病気を伴うことも少なくありません。

・免疫系が自分自身の組織を攻撃する(自己免疫疾患)

「関節リウマチ」で生じる関節の腫れと痛みは、免疫の働きに異常が生じたために起こると考えられます。免疫は、外部から体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃して破壊し、それらを排除する働きがあります。しかし、免疫に異常が生じると、誤って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまいます。その結果、炎症が起こり関節や腱の腫れや痛みとなります。
その炎症が続くと、関節の周囲を取り囲んでいる滑膜が腫れ上がり、さらに炎症が悪化して、骨や軟骨・腱を破壊していきます。

最近の研究では、関節破壊は発症後の早期から進行することが明らかになりました。早期に発見して適切な治療を行えば、症状をコントロールして関節破壊が進行するのを防ぐことができるといわれています。
関節リウマチではないかと思ったら、早めに専門医療機関(関節リウマチ専門医)の診察と治療が必要となります。

鍼灸治療併用で「関節リウマチ」が原因となる歩行機能、手指機能、家事、社交性、痛み、気分低下などが改善を認め、従来の西洋医学の治療に鍼灸治療を併用することで身体機能低下を予防して生活の質(QOL)を良い状態に保つ、血行改善や精神的安定も得られたことが鍼灸学会でも報告されています。

是非、鍼灸治療と専門医療機関を併用していただくことをお勧めします。

胃腸症状

・胃腸の障害は、胃や腸になんらかの異常が発生し、正常に機能していない状態のことです。
慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎など原因がはっきりした病気だけでなく、生まれつき胃腸が弱いケースやストレス、アルコールなどによって胃腸が障害を受ける場合も含まれます。
主な症状としては、腹痛、嘔吐、食欲不振、胃もたれ、むかつき、胸やけ、お腹にガスが溜まる、下痢、便秘などが多くみられます。
胃腸障害が起きる原因はさまざまですが、不規則な生活や暴飲暴食、過度のストレスなどが深く関わって起こります。

その症状は、「機能性胃腸症」かも・・・
お腹が痛い、気持ちが悪い、吐く、お腹が張る、胃がもたれる、下痢などの症状が現れ、病院で内視鏡などの検査を受けても原因となる胃潰瘍などの病気がみつからない場合があります。このような症状を、「機能性胃腸症」といいます。
主にストレスが原因と考えられています。

鍼灸治療では、さまざまな胃腸症状に対し、胃腸の機能が正常に働けるように手助けを行います。また、規則正しい生活や食事の食べあわせなどのアドバイスも行い、治療を進めていきます。
胃腸症状でお悩みの方は、一度ご相談下さい。

喘息(気管支喘息・小児喘息)

・喘息(ぜんそく)とは、炎症によって空気の通り道である気管支が狭くなり、そのために発作性のゼイゼイやヒューヒュー「喘鳴(ぜんめい)」・強い咳・息が苦しい(呼吸困難)・胸が苦しい・動悸などの症状が繰り返しみられる病気です。
東洋医学では「哮喘(こうぜん)」といいます。

気管支喘息は、気管支に炎症を引き起こす原因によって、アレルギー型(アトピー型)と非アレルギー型(非アトピー型)に分類されます。
アレルギー型は、抗原であるハウスダストやダニ・花粉・動物の毛などを吸入することによって発作が起こります。アレルギー体質は遺伝することが多く、家族や親族にアレルギー性疾患をもった方がいると、喘息を発症しやすいと考えられています。
非アレルギー型は、アレルギー以外の原因によって喘息が発症します。
喘息を悪化させる要因に、激しい運動、飲酒、ウイルス感染、ストレス、季節の変わり目、食品添加物、月経不順、疲労などがあります。
喘息は発作がおさまっているときでも慢性的なアレルギー炎症を起こしていますので、日頃からの体調管理がとても大切になってきます。

その咳は、「咳喘息」(せきぜんそく)かも・・・

・近年増えてきているとされる咳喘息、耳にすることも増えてくると思います。
これは2~3週間、ながいときには数カ月間、慢性的に咳が続く気管支の病気のことです。
気管支喘息との違いは、ゼイゼイ・ヒューヒューといった「喘鳴(ぜんめい)」や呼吸困難は無く、呼吸機能も正常という点です。
この咳喘息はそのままにしておくと重症化したり、気管支喘息へ移行したりする可能性がありますので、早めの鍼灸治療で予防しましょう。

喘息や咳喘息は、鍼灸治療で高い治療効果が得られる疾患であるといえます。喘息でお悩みの方は、一度ご相談下さい。

鍼灸対応疾患

その他疾患について

などでお困りの方は、是非、ご相談ください

外観写真

みどりの風鍼灸院

〒537-0022
大阪市東成区中本3-15-18

地下鉄中央線・今里筋線
「緑橋」駅下車(3番出口)
南へ徒歩すぐ

みどりの風クリニック

学校法人森ノ宮医療学園 森ノ宮医療学園専門学校

思いのすべてを、医療の力に 森ノ宮医療大学

PAGETOP
Copyright © 2018 森ノ宮医療学園附属「みどりの風鍼灸院」 All Rights Reserved.